ZARD『この愛に泳ぎ疲れても』〜アルバム『OH MY LOVE』より〜


この愛に泳ぎ疲れてもは、5thアルバム『OH MY LOVE』の6曲目にトラックされた、
ZARD11枚目のシングルです。

シングル盤は『Boy』という曲とともに、両A面扱いでリリースされ、
1曲目に収録されています。

ZARDのシングル曲では、『負けないで』『揺れる想い』『マイフレンド』のミリオン達成3曲に次いで、4番目の売上げを記録した楽曲ですが、ファン投票などでは上位に入ってこない不思議な曲ですたらーっ(汗)

ただ・・・この時期(1990年代)はメガヒット時代と言われ、CD(レコード)セールスが最も多かった時代です。

CDが飛ぶように売れ、ミリオン連発の時代ですし、ZARDの人気も絶頂の頃です。
曲の一部分だけを聴いて、勢いでCDを買ってしまった方も多かったのかなと思います。

というのも、私はわりと好きな曲なのですが、
この愛に泳ぎ疲れてもという楽曲は、結構クセのある曲だからですひらめき

ZARD『この愛に泳ぎ疲れても』の歌詞

歌詞の方は、相手を好きになってしまった抑えきれない気持ちを、
力強く歌った歌詞ですが、
曲の方は、ZARDの曲には珍しく、途中からテンポが変わり、アップテンポの曲になります。

私はこの変調が逆に好きなのですが、一般ウケはしないかも知れませんね。
それに、『この愛に泳ぎ疲れても』と次のシングル『こんなにそばにいるのに』は、
それまで数作続いたZARDらしい爽やかな曲と違い、
デビュー当時を思わせるような、ロック調でダークなナンバーです。
負けないで』あたりから新たにファンになった人たちからすると、
イメージに合わなかったのかも知れません。

ただ、がむしゃらに一途に相手を愛するという気持ちが前面に出ていて、
聴いていてイヤな曲ではないです。
ぜひ一度聴いてみて、あなたなりの評価をしてみてくださいるんるん

posted by ZARDLOVE86 at | 『OH MY LOVE』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


ソニーのプレステ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。